リンパドレナージュのもたらす効果とは?医療目的、美容目的の違いやマッサージとの違いも解説します

リンパドレナージュのもたらす効果とは?リンパドレナージュ
リンパドレナージュ

美容目的と医療目的で効果は異なる

リンパドレナージュには美容目的で行うものと、医療目的で行うものがあります。

美容目的のリンパドレナージュは、リンパ液の流れをよくすることでたまった老廃物が排出されるため、むくみが解消されたりセルライトが除去され、小顔効果や痩身効果が得られるとされています。また素手で人のぬくもりを感じながら施術を受けることで自律神経が整い、リラックス効果やストレス解消にもつながるため心のケアにも有効です。

一方医療目的のリンパドレナージュは、「リンパ浮腫」によって腕や脚に溜まった水分やたんぱく質を腋や鼠径部の深部リンパ系へと流していき、むくみを解消することが目的です。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

【美容目的】リンパドレナージュの効果

肩こり・むくみの解消

肩こりやむくみの原因は血行不良や冷えです。肩こり・むくみを放置していると、さらに血行不良になりこりがひどくなったりむくんでしまうという悪循環が生まれます。

リンパドレナージュで老廃物を除去し血行をよくすることで、肩こり・むくみを解消する効果が得られます。

ダイエット効果

リンパドレナージュで血行を良くすることによって代謝が上がり、痩せやすい体づくりをすることができます。

また、ダイエットの大敵であるセルライトは体内の老廃物が脂肪とくっつくことで肥大化しできるものです。リンパドレナージュで定期的に老廃物を排出することで、セルライトができにくくなります。

リラックス効果・ストレス解消

人の手のぬくもりを感じながら施術を受けることで自律神経が整い、リラックス効果やストレス解消につながります。

また、リンパ液の流れをよくすることで疲労物質が排出され、疲労回復効果も得ることができます。

体質改善

定期的に体内の老廃物を排出することで、全身の内臓や各器官の働きが活性化されます。それによって肌荒れや臓器不調の改善、むくみや肩こり解消、疲れにくくなるなど様々な体質の改善に効果があります。

免疫力アップ

リンパ液の中には、体の免疫に作用する免疫細胞が含まれています。

リンパドレナージュによってリンパ液の流れをよくすることで、免疫細胞が全身にいきわたり、免疫力アップにつながります。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

【医療目的】リンパドレナージュの効果

リンパ浮腫を改善する

医療目的で用いられるリンパドレナージュは「医療リンパドレナージ」と呼ばれ、主にがん手術後に起こる「リンパ浮腫」の解消に用いられることが多くなっています。

「リンパ浮腫」とは、リンパの流れが悪くなることで腕や脚がむくむ症状で、がんの手術などでリンパ節を切除した場合や、放射線治療を受けた後遺症としてよく現れます。

医療リンパドレナージでは、皮膚表面の浮腫液を徐々に腋や鼠径部の深部リンパ系へと流していきます。浮腫の部位や進行段階によって施術の方法も少しずつ異なるため、手技のスキルと合わせて知識も必要になります。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

リンパドレナージュとマッサージの違いは?

美容目的のマッサージとの違い

まず、「マッサージ」を名乗って施術をできるのは国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」のみです。

また、マッサージは「押す」「揉む」「たたく」などの技法を用いて施術するのに対し、リンパドレナージュは主に「さする」という手技を用いて行う点で違いがあります。そのためマッサージの中には痛みを伴うものもありますが、リンパドレナージュは基本的に痛みがなくリラックス効果が高いのも特徴です。

医療目的のマッサージとの違い

日本リンパ浮腫学会によると、「マッサージ」はいわゆる肩や腰の凝りをとるためのであり、手や足のむくみを解消するリンパドレナージとは別物であるとしています。

リンパドレナージュの施術セラピストになるには

リンパドレナージュには国家資格などの公的資格がありません。そのため、資格や経験がなくてもリンパドレナージュのセラピストになることはできます。しかし、他人の体に施術をする以上、まったく知識やスキルがないまま施術をするのは危険を伴います。

そのため大抵は、民間のスクールに通って知識やスキルを身に着け、資格を取得してから就職します。

リンパドレナージュの資格は数か月で取れるものから半年以上しっかり学べるものまで様々です。
時間やお金に余裕のある方は通学のスクールに通うとよいでしょう。現役のセラピストの方から指導してもらうことができ、より実践的な手技が学べるため、現場に出てからも安心です。

仕事や育児をしながらリンパドレナージュを学びたい方には通信講座がおすすめです。自分のペースで勉強を進められますし、中には資格試験も在宅で受けられるものもあります。

こちらのページに各都道府県と通信で受けられるスクールを掲載していますので、一度お近くのスクールで開講している講座を確認してみてください。無料で資料請求もできます。

>>『リンパドレナージュ』の講座を探す

タイトルとURLをコピーしました