整体師の資格を紹介!資格の種類や取得方法、取得のメリットについても解説します!

整体師の資格を紹介!整体師
整体師

「整体師」という資格はない

「整体師」とは

整体とは手技や器具を使った施術で背骨や骨盤など骨格のずれを矯正し、血行不良や筋肉のコリなど体の不調を正すもので、それらの施術を行うセラピストを総称して「整体師」と言います。

整体師になるための統一されたカリキュラムはなく、「整体師」という資格もありません。そのため、整体師になるためには必ずしも資格が必要ではありません。

国家資格と民間資格の違い

整体師としてのスキルを証明する資格には、大きく分けて国家資格民間資格があります。

整体師に関係する国家資格は「柔道整復師」と「あんまマッサージ師」です。
これらの資格を持っていると「医療」として施術ができ、保険診療の適用が可能です。その他、「整骨」「接骨」「マッサージ」といった文言を掲げることができ、使用できる電気器具なども多くなります。
一方で専門学校などで3年間のカリキュラムをこなし、国家試験に合格しなければならず、その費用は200万円以上かかるなど、取得までのハードルが高いのが難点です。

それ以外の整体に関する資格はすべて民間資格です。医療ではなく「民間療法」というスタンスですので、これらの資格がなくても整体師として施術することができます。
しかし実際は、他人の体に施術をするという仕事である以上独学で学ぶのは限界がありますので、スクールなどで講義を受け、民間の資格を取って整体師になる方がほとんどです。
民間資格の場合は短い期間で資格が取得でき、費用も安く抑えることができるというメリットがあります。

整体師資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

柔道整復師

柔道整復師とは「接骨院」や「整骨院」で骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し治療に当たる人であり、それらの治療を行うための国家資格です。
手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる施術を行います。

骨盤矯正やマッサージなどの「整体師」の仕事は本来、柔道整復師の業務の範疇ではありませんが、最近ではそういったサービスを提供する接骨院や整骨院も増えています。

柔道整復師になるには

柔道整復師になるには、厚生労働大臣認定の柔道整復師養成専門学校(3年制以上)あるいは、柔道整復学科のある4年制大学や3年以上の短期大学に進学して、解剖学や生理学、運動学などの基礎科目、柔道整復実技などの専門科目を学ばなければなりません。

履修後、柔道と整復の認定実技試験に通過すると国家試験の受験資格が与えられます。
柔道整復師国家試験は筆記試験のみで、毎年3月に行われます。

整体師資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、「あん摩」「マッサージ」「指圧」という3つの技術を使って体の不調を解消したり軽減する人であり、それらの治療を行うための国家資格です。

「あん摩」は東洋医学に基づき、筋肉を揉んだり叩いたりすることでコリをほぐす方法です。「マッサージ」は西洋医学に基づいており、主に撫でる、擦るなどの方法でリンパの流れをよくします。「指圧」は日本で生まれた施術で、ツボなどを押して圧力を加えることで、筋肉や神経等の調整を目指します。

あん摩マッサージ指圧師になるには

文部科学大臣または厚生労働大臣認定の専門学校、大学・短大などで3年以上、解剖学や生理学、運動学などの基礎科目や実習を経て国家試験に合格することで免許を取得することができます。

試験は毎年2月に実施されます。試験はマークシートの4択式で、実技試験はありません。
試験内容や試験日程の近いはり師・きゅう師も同時に取得しておくと、就職に有利になります。

整体師資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

カイロプラティック

カイロプラティックはアメリカ発症で、西洋医学の考えをもとに、神経系の集まる脊柱や骨盤の歪みを治すことで体の不調を元から改善しようとする施術です。

よく整体と混同されがちですが、整体は不調のある部分を直接的に矯正しようとするのに対し、カイロプラティックでは不調のもとを改善するという点で違いがあります。

カイロプラクターになるには

カイロプラクターになるにはスクールなどに通って資格を取得し、整体院やサロンで働くのが一般的です。

現在、カイロプラティックの国家資格や公的資格はなく、すべて民間資格です。そのため学歴や年齢に左右されず、どなたでも挑戦することができます。

整体師の資格を取るには

国家資格を取るなら3年制以上の学校へ

「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取って整体師になりたい場合は、3年制以上の大学・短大・専門学校へ進学して、基礎科目と実習を修了した後、国家試験に合格しなければなりません。

時間や費用がかかる分、一般教養など広い知識を学べたり、はり師・きゅう師など他の資格も同時に取れるなどのメリットがあります。

民間資格を取るならスクールへ!

民間資格を取って整体師を目指すなら、各資格が取れるスクールへ通うのがおすすめです。国家資格と比べると期間も短く、費用も安く抑えられるので安心です。

たいてい、講座を修了することで資格試験の受験資格が与えられ、試験に合格すれば資格が取得できます。資格試験も合格率8~9割の資格が多く、しっかりと講座を受ければ落ちることはほぼありません。

ただし、資格やスクール、教えている整体の流派によってカリキュラムが異なりますので、価格や手軽さだけで安易に決めず、本当に自分が学びたいことが学べるカリキュラムかを事前に確認しておく必要があります。

整体師資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

整体師の資格が取れるおすすめの学校

スクールを選ぶ際には費用アクセスをよく検討することが大切です。しかし、同じくらいサポート制度についてもよく知る必要があります。例えば働きながら資格取得を目指す際は時間の融通が利く「フリータイム制度」などがあると便利ですよね。

そういった点では資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパンなどは通信講座の専門スクールですが、サポート制度が充実していて安心です。

その他のスクールについては詳しくは以下のページにまとめていますので、そちらをご参考になさってください。

>>『社会人OK!整体師を目指せる学校・スクールまとめ』

資格を取得するメリット

専門知識を身に着けることができる

整体師の施術をするためには骨格や筋肉など人体の構造についての知識が無くてはできません。

資格取得を目指す場合、勉強をしていく中で自然とそういった知識が身につくので、現場に出た際も役立ちます。

また、スクールなどに通って資格を取る場合には、実習などで実際の施術の仕方なども教えてもらう機会があり、スムーズに実務に入っていくことができます。

仕事の幅が広がる

資格を持っていることで整体院やサロンなどへ採用されやすくなるため、転職や引越しなどで新しい職場を探す際にも選択肢の幅が広がります。

開業の後押しになる

経験を積んだ整体師の中には開業する方もいます。

そういった時に資格があるとお店のアピールポイントになり集客の助けになるでしょう。

スクールの中には「独立・開業」コースなどを展開しているスクールもありますので、開業も視野に入れている方はそういったコースを受講してみてください。

まとめ

整体師に関係する資格には国家資格民間資格があります。

国家資格は「柔道整復師」と「あんまマッサージ師」で、これらの資格を持っていると「医療」として施術ができ、保険診療の適用が可能です。その他、「整骨」「接骨」「マッサージ」といった文言を掲げることができ、使用できる電気器具なども多くなります。国家資格を取得するには3年制以上の学校に通い、国家試験に合格する必要があります。

一方、民間資格は各スクールの講座を受講し、その後資格試験に合格することで取得できます。資格試験も合格率8~9割の資格が多く、しっかりと講座を受ければ落ちることはほぼありません。

無資格でもできる整体師の仕事ですが、資格を持っていると専門知識を身に着けることができ安心して仕事ができます。また、整体院やサロンなどへ採用されやすくなるため仕事の幅も広がり、開業する際のアピールポイントになるなどのメリットがあります。

整体師の資格が気になる方は一度、お近くのスクールの資料請求をしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました