リンパドレナージュとは?効果や施術、資格について紹介

リンパドレナージュとは?リンパドレナージュ
リンパドレナージュ

リンパドレナージュとは

リンパ液の流れを活性化させるセラピー

リンパドレナージュとは素手で肌を優しく押したりさすったりすることでリンパ液の流れを活性化させる施術のことです。

人体内の液体は血液とリンパ液に分けられます。血液は酸素や栄養を運ぶ役割がある一方、リンパ液は体内の異物や老廃物を体外へ排出する役割があります。そのリンパ液の流れを活性化させることで老廃物の排出や細菌・ウイルスの排除を助け、健康維持や美容効果を促すのがリンパドレナージュの目的です。

マッサージとは別のもの

リンパドレナージュの施術を行っているサロンの中には「リンパマッサージ」と謳っているサロンもありますが、厳密にはリンパドレナージュとマッサージは別のものです。

まず「マッサージ」は、あん摩マッサージ指圧師」の資格がある人しかできない施術です。

さらにマッサージは強く押すなど痛みを伴う施術が主ですが、リンパドレナージュはやさしく「さする」手技が主な施術であるという点で異なります。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

リンパドレナージュには2種類ある

美容目的のリンパドレナージュ

リンパドレナージュは美容効果を期待して施術を受ける人が多いセラピーの一つです。

リンパ液の流れをよくすることでたまった老廃物が排出されるため、むくみが解消されたりセルライトが除去され、小顔効果や痩身効果が得られるとされています。

また素手で人のぬくもりを感じながら施術を受けることで自律神経が整い、リラックス効果やストレス解消にもつながるため心のケアにも有効です。

医療目的のリンパドレナージュ

リンパドレナージュは医療現場でも導入されています。医療現場で行う施術は英語読みで「医療リンパドレナージ」と称されることが多いです。

医療リンパドレナージは、一部の皮下組織に水分やたんぱく質が溜まってしまう「リンパ浮腫」を解消するために行われます。

医療リンパドレナージでは、皮膚表面の浮腫液を徐々に腋や鼠径部の深部リンパ系へと流していきます。浮腫の部位や進行段階によって施術の方法も少しずつ異なるため、手技のスキルと合わせて知識も必要になります。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

リンパドレナージュの効果

肩こり・むくみの解消

肩こりやむくみの原因は血行不良や冷えです。肩こり・むくみを放置していると、さらに血行不良になりこりがひどくなったりむくんでしまうという悪循環が生まれます。

リンパドレナージュで老廃物を除去し血行をよくすることで、肩こり・むくみを解消する効果が得られます。

ダイエット効果

リンパドレナージュで血行を良くすることによって代謝が上がり、痩せやすい体づくりをすることができます。

また、ダイエットの大敵であるセルライトは体内の老廃物が脂肪とくっつくことで肥大化しできるものです。リンパドレナージュで定期的に老廃物を排出することで、セルライトができにくくなります。

リラックス効果・ストレス解消

人の手のぬくもりを感じながら施術を受けることで自律神経が整い、リラックス効果やストレス解消につながります。

また、リンパ液の流れをよくすることで疲労物質が排出され、疲労回復効果も得ることができます。

体質改善

定期的に体内の老廃物を排出することで、全身の内臓や各器官の働きが活性化されます。それによって肌荒れや臓器不調の改善、むくみや肩こり解消、疲れにくくなるなど様々な体質の改善に効果があります。

免疫力アップ

リンパ液の中には、体の免疫に作用する免疫細胞が含まれています。

リンパドレナージュによってリンパ液の流れをよくすることで、免疫細胞が全身にいきわたり、免疫力アップにつながります。

リンパドレナージュ資格講座 無料パンフレットの資料請求はコチラ!

リンパドレナージュ施術方法

オイルやクリームを使う

リンパドレナージュは「押す」マッサージと異なり、「さする」動作が基本になります、その際、何も塗らずに地肌をさすると摩擦で肌を痛めてしまいます。

リンパドレナージュを行う際はオイルやクリームを使って滑りを良くして行うと、滑りが良くなり効果が出やすくなります。よい香りのアロマオイルやアロマクリームを使うとリラックス効果も得られより効果的です。

やさしく行う

リンパドレナージュは皮膚表面にあるリンパ液を流していく施術であるため、強く圧をかけてしまうと逆にリンパ液の流れを阻害してしまい効果が半減してしまいます。

手のひらで包み込むようにしながらやさしく行うように心がけましょう。

順番を意識する

リンパドレナージュは順番が大切です。

リンパ液が最終的に老廃物を排出する箇所は鎖骨です。排出する出口が詰まっていては施術をしても老廃物が溜まってしまいますので、まずは鎖骨のマッサージから始めましょう。

その後も腋や鼠径部など大きなリンパ節のある箇所をほぐし、末端から大きなリンパ節へリンパ液を流すように意識しながら施術を行うと効果的です。

リンパドレナージュのセラピストになるには

資格があったほうが安心

リンパドレナージュセラピストには国家資格や公的資格がありません。そのため、資格がなくてもリンパドレナージュセラピストとして働くことはできます。

しかし、人の体に施術をするという仕事である以上、独学で学ぶには限界があります。万が一、健康被害などの問題を起こしてしまっては取り返しがつきませんね。

リンパドレナージュセラピストを目指す際には資格を取得しておいた方が、勉強する過程で正しい知識・スキルを身に着けることができるので安心して働くことができます。

実習があるスクールがおすすめ

リンパドレナージュセラピストの資格のなかには独学で勉強し試験を受ければ取得できるものもあります。

しかし、テキストの勉強だけでは実際の施術のスキルを身に着けることはできません。資格取得を目指す際は、施術の実習を行っているスクールを選ぶと、実際の勤務に就いた時にもスムーズに仕事を始めることができるのでおすすめです。

まとめ

リンパドレナージュとは素手で皮膚表面を優しく押したりさすったりすることでリンパ液の流れを活性化させる施術のことです。

リンパドレナージュには美容効果を促す美容リンパドレナージュと、医療現場でリンパ浮腫を解消するために行われる医療リンパドレナージュの2種類があります。

リンパドレナージュには肩こり・むくみの解消、体質改善、リラックス効果・ストレス解消、免疫力アップなどの効果があります。

リンパドレナージュを行う際はオイルやクリームを使い、やさしく、順番を意識して行うことが大切です。

リンパドレナージュセラピストは資格がなくてもなることができます。しかし、他社の体に施術をする以上、資格があったほうが安心して仕事ができます。資格取得の際は、実習があるスクールで学ぶと、実務に就いた際スムーズに仕事に入ることができます。

タイトルとURLをコピーしました